メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

交通寸断、物流に打撃 宅配・小売り、休業続く

山陽自動車道で発生した土砂崩れ=東広島市で2018年7月9日午前10時35分、本社ヘリから

 西日本を襲った豪雨は、中国・四国地方を中心に高速道路や鉄道などの交通網を大きく寸断し、浸水や物流の停滞で操業を見合わせる工場や、休業する小売店が相次いだ。9日に入って正常化の動きが始まったものの、多くの地域で混乱が続いている。【釣田祐喜、加藤美穂子、今村茜、柳沢亮】

 西日本高速道路によると、中国自動車道は9日朝に全線で通行可能になったが、山陽道は同日午後8時現在、本郷IC(インターチェンジ)-広島IC間で通行止め。西日本高速によると、全通には1週間程度を要するという。JRは中四国の幹線にも依然、不通区間がある。

 広島県府中町に本社を置くマツダは、道路網の寸断による部品調達や通勤への影響を考慮し、本社工場と防府…

この記事は有料記事です。

残り888文字(全文1197文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. 「高プロ」適用、全国で1人だけ 開始1カ月
  3. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  4. 皇統は断絶の危機 愛子さまを皇太子に
  5. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです