メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

交通寸断、物流に打撃 宅配・小売り、休業続く

山陽自動車道で発生した土砂崩れ=東広島市で2018年7月9日午前10時35分、本社ヘリから

 西日本を襲った豪雨は、中国・四国地方を中心に高速道路や鉄道などの交通網を大きく寸断し、浸水や物流の停滞で操業を見合わせる工場や、休業する小売店が相次いだ。9日に入って正常化の動きが始まったものの、多くの地域で混乱が続いている。【釣田祐喜、加藤美穂子、今村茜、柳沢亮】

 西日本高速道路によると、中国自動車道は9日朝に全線で通行可能になったが、山陽道は同日午後8時現在、本郷IC(インターチェンジ)-広島IC間で通行止め。西日本高速によると、全通には1週間程度を要するという。JRは中四国の幹線にも依然、不通区間がある。

 広島県府中町に本社を置くマツダは、道路網の寸断による部品調達や通勤への影響を考慮し、本社工場と防府…

この記事は有料記事です。

残り888文字(全文1197文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  2. サッカーキング アディダスが日本代表新ユニのリークへ声明発表…正式発表は後日実施へ

  3. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  4. 元パラ選手マリーケ・フェルフールトさん安楽死 ロンドン、リオで金含む複数メダル

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです