メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・学ぶ

@大学 早大 国際性育成に焦点 11月就任、田中愛治次期総長が抱負

 「私学の雄」とされる早稲田大学の次期総長に、政治経済学術院の田中愛治教授(66)が選ばれた。任期は11月5日からの4年間。18歳人口の減少のスピードが加速する「2018年問題」が取りざたされる中、早大は入学試験改革も打ち出した。総長としてどのように大学のかじを取るのか、展望を聞いた。【聞き手・水戸健一】

この記事は有料記事です。

残り1831文字(全文1984文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

  2. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  3. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  4. 具志堅会長のジム閉鎖へ 「情熱持って指導するには難しい年齢になった」

  5. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです