メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

鶴竜、集中の2勝

琴奨菊(左)を上手投げで降す鶴竜=ドルフィンズアリーナで2018年7月9日、兵藤公治撮影

2日目(9日・ドルフィンズアリーナ)

 横綱・大関陣は安泰だった。鶴竜は琴奨菊を上手投げで破り、白鵬は速い攻めで正代を圧倒し、ともに2連勝とした。新大関の栃ノ心はまわしにこだわらず終始前に出て千代の国を降し、高安は松鳳山のつきひざで連勝。豪栄道は玉鷲を送り出し、初白星を挙げた。

 =十両勝負=

誉富 よりきり  希善

この記事は有料記事です。

残り1404文字(全文1560文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 天皇陛下即位パレード延期、首相が表明 「即位礼正殿の儀」は実施

  5. 保護猫たちのニャン生 (2)おむすび 「いらない」と言われて来たけれど

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです