メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雑記帳

関西ラグビー発祥の地とされる世界遺産…

下鴨神社の雑太社に奉納されたラグビーボールをかたどった鈴。左は坂田好弘・日本ラグビーフットボール協会副会長、右は奉納者の原幸一・フルタイムシステム社長=京都市左京区で2018年7月9日、川平愛撮影

 関西ラグビー発祥の地とされる世界遺産・下鴨神社の糺(ただす)の森(京都市左京区)で9日、ラグビーボール型の鈴が奉納され、関係者が2019年ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の成功を祈った=写真・川平愛撮影。

 鈴が納められたのは球技の神様をまつる「雑太社(さわたしゃ)」。周辺は1910年、慶応…

この記事は有料記事です。

残り92文字(全文242文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュートリアル徳井義実さん 24日から活動再開 申告漏れ発覚から4カ月ぶり

  2. 都内勤務の千葉県40代男性の感染を確認 症状出た後に広島、岐阜に出張

  3. サッカーキング リュディガー、トッテナムファンの反応に失望「人種差別が勝利した」

  4. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  5. 日本酒の化粧水、女子高生コラボ 菊正宗、共同でデザイン /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです