メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

浸水の獺祭、90万本影響 製造再開へ2カ月

 日本酒「獺祭(だっさい)」の蔵元である旭酒造(山口県岩国市)は9日記者会見し、西日本を中心とした豪雨の影響で、一升瓶換算で約90万本分の製造に影響が出るとの見通しを示した。設備を含めた被害総額は約14億~15億円にのぼるといい、製造再開には、2カ月~2カ月半かかるとしている。

     今回の豪雨では、同社本社のそばを流れる川の堤防が決壊。酒をつくる蔵の一部が浸水したほか、停電したため獺祭の製造と出荷を停止した。当面は電気が復旧した後に、被害を免れた在庫約30万本を出荷する予定。

     今回の豪雨被害を受けて、品薄化や、価格高騰を懸念する声も出ている。この点に関して、旭酒造の桜井一宏社長や桜井博志会長は会見で早期の在庫切れは想定していないと説明した。【古賀亮至、浅川大樹】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
    2. 西日本豪雨 元広島・黒田さん、義援金1000万円寄付
    3. 茨城・大洗町 財政難で救急車老朽化も買い替えできず
    4. 西日本豪雨 誘導警官2人犠牲に 遺族「誇りに思う」
    5. 西日本豪雨 「見捨てたりしない」命救う無名のボート

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]