メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

AV問題

“不適正”監督が団体設立 学習会で被害報告も

CCNの第1回学習会であいさつする安達かおる監督=中嶋真希撮影

 だまされてアダルトビデオ(AV)に出演させられる被害を防ごうと、自身が主宰するAVメーカー「V&R」で対策を進める安達かおる監督が、制作者の団体「映像制作者ネットワーク」(CCN)の設立に向けて準備している。出演者の権利を守るための取り組みや、学習会などを通じて業界の改善を図る。今月末には法人化され、活動を始める予定だ。東京都内で5日、第1回学習会が開かれAV関係者ら約30人が参加。強要被害者の支援を行っているNPO法人「ライトハウス」も被害の現状について報告した。AV業界側が主催するイベントに支援団体が登壇するのは異例で、今後の活動が注目されそうだ。【中嶋真希】

 AV出演強要被害を防ぐために設立された第三者機関「AV人権倫理機構」は、業界団体のNPO法人「知的…

この記事は有料記事です。

残り1933文字(全文2269文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソフトバンク解約1万~2万件 通信障害で
  2. ソフトバンク株 「史上最大の新規上場」も期待外れ
  3. 「もう耐えられない」 ゴーン容疑者捜査の端緒 外国人幹部の告白
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 寝屋川中1殺害 「遺体の声」どう判断 求刑は死刑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです