大分県警

パトカーが一方通行を逆走 「標識に気づかず」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 大分県警臼杵津久見署の50代の巡査部長がパトカーで大分県津久見市内をパトロール中、一方通行の市道を逆走し反則切符を切られたことが9日、分かった。同署によると、8日午後3時ごろ、パトカーには助手席に20代の巡査も同乗。2人とも上司に報告せず、外部からの指摘で分かったという。

 同署は、現場を確認するなどして巡査部長…

この記事は有料記事です。

残り89文字(全文246文字)

あわせて読みたい

ニュース特集