メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大分県警

パトカーが一方通行を逆走 「標識に気づかず」

 大分県警臼杵津久見署の50代の巡査部長がパトカーで大分県津久見市内をパトロール中、一方通行の市道を逆走し反則切符を切られたことが9日、分かった。同署によると、8日午後3時ごろ、パトカーには助手席に20代の巡査も同乗。2人とも上司に報告せず、外部からの指摘で分かったという。

 同署は、現場を確認するなどして巡査部長…

この記事は有料記事です。

残り89文字(全文246文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 首相、全国の緊急事態宣言解除を発表 「世界的に厳しい基準をクリアした」

  3. 森法相、黒川氏訓告は「法務・検察で判断」 官邸主導の一部報道を否定

  4. エンタメノート リアリティー「風」番組と匿名中傷の悲劇 女性レスラー急死の教訓

  5. 内閣支持率27%に急落 黒川氏「懲戒免職にすべきだ」52% 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです