メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大分県警

パトカーが一方通行を逆走 「標識に気づかず」

 大分県警臼杵津久見署の50代の巡査部長がパトカーで大分県津久見市内をパトロール中、一方通行の市道を逆走し反則切符を切られたことが9日、分かった。同署によると、8日午後3時ごろ、パトカーには助手席に20代の巡査も同乗。2人とも上司に報告せず、外部からの指摘で分かったという。

 同署は、現場を確認するなどして巡査部長…

この記事は有料記事です。

残り89文字(全文246文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. 転向の高橋「上出来」 充実の初ダンスでRD2位 フィギュアNHK杯

  3. 吉本新喜劇の元座長、船場太郎さん死去 81歳 大阪市議会議長も務め

  4. 桜を見る会前夜祭 2019年分も収支報告なし 安倍氏の政治団体

  5. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです