メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豊島区

戸籍証明書実物コピーを委託業者に「見本」で提供

 東京都豊島区が、名前や本籍地、生年月日などの個人情報が記載された戸籍証明書の実物コピーを、外部の委託業者に提供していたことが、9日分かった。戸籍の受理証明書など届け出交付数の少ない書類をパソコンに入力する際などの「見本」として、書類のサンプルではなく「本物」を提供したという。区は10年以上にわたり、1社に計約450枚の戸籍証明書を渡していた。高野之夫区長が同日の区議会全員協議会で明らかにした。【福沢光一】

 高野区長は「個人情報の目的外使用にあたる個人情報保護条例違反。業者から指摘を受けるまで気付くことが…

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文743文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  2. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  3. こうのとり7号機 物資運ぶ「こうのとり」 打ち上げ成功
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです