特集

西日本豪雨

「平成最悪の豪雨被害」をもたらした西日本豪雨。広い範囲で土砂崩れや河川の氾濫が多発し、甚大な被害となった。

特集一覧

西日本豪雨

「見捨てたりしない」命救う無名のボート

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
自前のボートで救助にあたる男性ら=岡山県倉敷市真備町地区で2018年7月8日午後0時22分、林田奈々撮影
自前のボートで救助にあたる男性ら=岡山県倉敷市真備町地区で2018年7月8日午後0時22分、林田奈々撮影

 西日本を襲った記録的な豪雨により多くの命が犠牲になった。一方で、一度は死を覚悟しながら名も知らぬ人に助けられた夫婦や、危機的な状況から九死に一生を得た家族もいる。無事だった人々は命の重みをかみしめつつ、周囲の犠牲者に思いを寄せている。

 堤防が決壊し2400人以上が一時孤立した岡山県倉敷市真備町地区では、複数のボートが住民を助けて回った。「困った時はお互いさま」。名乗ることもなく救助に奔走した無名の人々に、住民たちは「一言でもお礼が言いたい」と感謝の思いを募らせている。

 7日午後、同地区の親族宅に避難していた天辰(あまたつ)義輝さん(78)は、2階で親族4人と肩を寄せ救助を待っていた。激しい雨の中、目に障害のある三女(44)と足の不自由なおい(54)を連れて避難することはできなかった。

この記事は有料記事です。

残り470文字(全文817文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集