メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マングローブ

高波などの減災効果 京都大などが検証実験

実験では人工的に起こした波をマングローブに当て、波の力を弱める効果を検証する=神奈川県横須賀市で、大場あい撮影

 台風に伴う高潮・高波被害を減らそうと、マングローブが波の力を弱める効果を検証する実験を京都大や茨城大などの研究チームが進めている。地球温暖化の進行に伴って強い台風が増えると予測され、沿岸部の被害の深刻化が懸念されている。チームは実験結果を基に、アジア・太平洋地域の途上国で、最適な植林など温暖化に伴う被害を減らす具体的な「適応策」を提案する。

     マングローブは、亜熱帯や熱帯の海水と淡水が混じり合う汽水域に生息する植物の総称。波を弱め、津波の被害などを減らすことが知られている。だが、植物が波を弱める詳しいメカニズムや具体的な軽減効果などははっきりしていなかった。

     そこで、チームは今年6月、沖縄・西表島内の琉球大の演習林で、マングローブの一種でヒルギ科の植物「ヤエヤマヒルギ」3本(樹齢20年程度、高さ約4メートル)を採取。最大3.5メートルの波を起こすことができる港湾空港技術研究所(神奈川県横須賀市)で環境省の研究事業として7月から実験を始めた。

     実験では、根に波の圧力や加速度、たわみなどを調べるセンサーを設置し、3~7秒に1回の頻度で0.2~1メートルの波にさらす実験を行った。チーム代表の森信人・京都大防災研究所准教授(沿岸防災工学)によると、マングローブの根の複雑な形状が波を弱めるのに役立つことが分かってきたという。

     チームは、実験結果に基づいて、来年度末までに高潮・高波が来た時のマングローブの効果を再現・予測できる手法を開発。将来、予測される沿岸部の被害を減らすのに必要な木の配置や本数などを検証する。

     マングローブは途上国では、薪や養殖施設建設などのために伐採されることが多い。森さんは「マングローブが減災に役立つことが明らかになれば、植林や管理など地元の雇用創出も期待できる。マングローブによる二酸化炭素吸収、被害の軽減、雇用という『一石三鳥』を実現できるよう、科学面からの技術的支援をしたい」と話す。【大場あい】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. トランプ米大統領 モンテネグロ守れば「第三次大戦」 NATO集団防衛義務、疑問視
    2. 体罰 教諭2人懲戒処分 炎天下ランニングで生徒一時重体
    3. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定
    4. カジノ法 成立 通常国会が事実上閉会
    5. 国会前 「安倍政権退陣」デモ集会に8500人

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]