メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マングローブ

高波などの減災効果 京都大などが検証実験

実験では人工的に起こした波をマングローブに当て、波の力を弱める効果を検証する=神奈川県横須賀市で、大場あい撮影

 台風に伴う高潮・高波被害を減らそうと、マングローブが波の力を弱める効果を検証する実験を京都大や茨城大などの研究チームが進めている。地球温暖化の進行に伴って強い台風が増えると予測され、沿岸部の被害の深刻化が懸念されている。チームは実験結果を基に、アジア・太平洋地域の途上国で、最適な植林など温暖化に伴う被害を減らす具体的な「適応策」を提案する。

 マングローブは、亜熱帯や熱帯の海水と淡水が混じり合う汽水域に生息する植物の総称。波を弱め、津波の被…

この記事は有料記事です。

残り597文字(全文819文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 安倍3選・その先 /下 「後継」はや駆け引き
  4. 米国 大統領令を準備 独禁法違反で米、グーグルなど調査
  5. 訃報 国友やすゆきさん65歳=漫画家、「100億の男」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです