参院選挙制度

自民案10日にも採決 公明案は参院委否決

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 参院自民党は9日、参院定数を「6増」するために同党が提出した公職選挙法改正案の採決を見送った。西日本豪雨の被害が広がる中での強硬な運営を避け、公明党が提案した自民案の修正案を検討する時間を確保するため。一方、11ブロックの大選挙区制を導入する公明案の採決が倫選特で行われ、賛成は公明のみで否決された。

 自民案は埼玉選挙区の定数を2増、比例代表を4増し、比例の一部に拘束名簿式の「特定枠」を導入する。これに対し公明は比例定数を「2増」にとどめるよう求めた。ただ自民は比例4増への理解を公明に求める見通しで、折り合わなければ10日に倫選特で採決する方針だ。公明党は自民案採決に備え、定数増でも参院全体の経費が増えないよう検討を求める付帯決議案提出を準備している。

この記事は有料記事です。

残り166文字(全文496文字)

あわせて読みたい