長崎石木ダム訴訟

国の事業認定取り消し認めず 原告敗訴

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 長崎県と同県佐世保市が計画する石木ダム事業(同県川棚町)で、水没予定地に住む地権者ら109人が、国の事業認定の取り消しを求めた訴訟で、長崎地裁(武田瑞佳裁判長)は9日、請求を棄却し、一部を却下する判決を言い渡した。原告側は控訴する方針。

 石木ダムは、佐世保市への水道水供給や、川棚川流域の洪水防止を目的に1975年、建設事業に着手した。県などは未買収の事業用地を取得するため2009年11月、土地収用法に基づき国土交通省九州地方整備局に事業認定を申請。13年9月に…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文583文字)

あわせて読みたい

ニュース特集