豪雨

倉敷・真備の堤防決壊、「バックウオーター現象」か

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
小田川決壊の一因とみられるバックウォーター現象
小田川決壊の一因とみられるバックウォーター現象

 岡山県倉敷市真備町地区で起きた浸水被害について、支流の小田川が本流の高梁川に合流する際に水がせき止められる形となる「バックウオーター現象」が起き、水位が上昇した小田川の堤防が決壊した可能性があることが国土交通省への取材で分かった。小田川は以前から水が流れにくく氾濫の危険性が高いことで知られ、国が来年度から10年かけ、合流地点を移して水位を下げる工事に着工する予定だった。

 国交省によると、小田川は合流地点から上流に3.4キロで100メートル、同6.4キロで50メートルにわたって決壊した。

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文550文字)

あわせて読みたい

注目の特集