メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豪雨

被災者、これをしてはダメ 防災の専門家らに聞く

いまだに冠水した地域が残る真備町地区の市街地=岡山県倉敷市で2018年7月9日午前8時51分、本社ヘリから猪飼健史撮影

 浸水や土砂被害を受けた地域の被災者はどんな注意が必要なのか。地区の約3割が水没した岡山県倉敷市真備町に入った防災の専門家らに聞いた。

 9日に現地を視察した危機管理アドバイザーの国崎信江さんはまず、「水が引いても、無理に家の泥を取り除いたり、家財の片付けを始めない方がいい」と指摘する。泥はトイレの汚水や農業水を含み、作業中のけがで感染症にかかる危険があるからだ。作業をせざるを得ない場合は、マスクや手袋、肌が露出しない服装の着用を呼び掛ける。

 水没した車への対応も注意が求められる。国崎さんは「感電や発火の恐れを考え、車のエンジンはかけず業者に対応を任せてほしい」。家屋は漏電が起きている可能性もあり、ブレーカーなどに触れない点も挙げる。

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文555文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「がんに勝つことは、生きるか死ぬかじゃない」米国で闘病中のポルノスター、まりかさんが直面したロックダウン

  2. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  3. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  4. 「死に追いやってしまった」「逮捕されるのが怖い」 木村花さん誹謗中傷 加害者の心情

  5. 「グリー」出演女優の遺体を発見 米西部の湖で不明に 乗っていたボートには息子だけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです