豪雨

結婚指輪渡す約束、果たせず 広島・裏山崩れて

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
土砂崩れで妻が亡くなり、家族3人が行方不明になっている角森康治さん。土砂の中から出てきたアンパンマンのぬいぐるみは、子どもへプレゼントしたものだという=広島県熊野町で2018年7月8日午後5時26分、手塚耕一郎撮影
土砂崩れで妻が亡くなり、家族3人が行方不明になっている角森康治さん。土砂の中から出てきたアンパンマンのぬいぐるみは、子どもへプレゼントしたものだという=広島県熊野町で2018年7月8日午後5時26分、手塚耕一郎撮影

 「何しとるんか。何でこんな所に」。広島県熊野町川角5の住宅街「大原ハイツ」で、会社員、角森(つのもり)康治さん(54)は妻奈々さん(44)の遺体が運ばれて来るとおえつを漏らした。裏山が崩れ、家が土砂にのみ込まれた。6月14日に結婚したばかり。結婚指輪を今月7日に渡す約束は、果たせないままになった。

 仕事のため、島根県安来(やすぎ)市で家族と離れて暮らす。週末を一緒に過ごそうと、車で6日夕に広島へ出発した角森さんは、同日午後8時ごろ、奈々さんから「気をつけて」と無料通信アプリ「ライン」でメッセージを受けた。これが、最後の言葉になった。

 ラインでは「家の前の水路があふれている」とも伝えてきたが、ここまでの災害になると思わず、避難を促さなかったのは悔やんでも悔やみきれない。7日朝に熊野町に到着すると、「家が地面から無かった」。

この記事は有料記事です。

残り471文字(全文837文字)

あわせて読みたい

注目の特集