メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豪雨

岐阜の孤立状態が解消 下呂市の避難指示は継続

岐阜県内の主な被害状況

 1時間に100ミリを超す猛烈な雨が降った岐阜県では、1人が死亡、3人が重軽傷となった。下呂市や山県市で46世帯137人が孤立状態だったが、9日午後5時半までにすべて解消された。下呂市の11世帯23人に出された避難指示は継続している。

 関市では8日未明、市内を流れる津保川などがはんらんした。関市下之保の主婦、長尾美智代さん(51)によると、8日午前2時ごろから水があふれて1階は全部浸水し、次女と一緒に2階に避難したという。「目の前の小学校に避難しようとしたが、消防団の人に『外出は無理だ』と止められた。もともと水害に備えて床を地面より約50センチ高く作っていたが、駄目だった」と当時の様子を振り返る。

 関市では会社員の河合瑞夫さん(60)が用水路に転落し死亡。市内の225棟で床上浸水、162棟で床下…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天然記念物のジュゴン1頭の死骸発見 沖縄
  2. 準強姦で起訴の男性会社役員に無罪判決 地裁久留米支部
  3. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  4. 「どう接したら…」 職員に戸惑いも 暴言の明石市長3選
  5. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです