メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡県警

鞍手町長を談合容疑などで逮捕

下水道業務受注のコンサルタント会社社員ら2人も逮捕

 福岡県鞍手町発注の下水道業務を巡って入札情報を漏らしたとして、福岡県警は9日、同町長、徳島真次容疑者(58)=福岡市中央区薬院1=を官製談合防止法違反と公契約関係競売入札妨害の疑いで逮捕した。

 また、業務を受注したいずれも北九州市のコンサルタント会社の「日興コンサルタント」社員で元同町議、福本博文(59)=同町室木=と「太平設計」役員、池田啓幸(57)=同県遠賀町若松=の両容疑者を両容疑で逮捕した。県警はいずれの容疑者の認否も明らかにしていない。

 徳島容疑者の逮捕容疑は2015年7月15日に鞍手町が実施した下水道設計業務2件の指名競争入札に絡み、同年7月上旬ごろ、非公表の予定価格と最低制限価格を教えるなどしたとしている。業務は日興コンサルが1402万円、太平設計が1945万円で、それぞれ最低制限価格に近い価格で落札していた。

 徳島容疑者は、町議などを経て13年1月、前町長の死去に伴う町長選で初当選。昨年1月の選挙では無投票で再選した。【平塚雄太】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
  2. 西日本豪雨 誘導警官2人犠牲に 遺族「誇りに思う」
  3. 西日本豪雨 「見捨てたりしない」命救う無名のボート
  4. 融資金詐取 てるみくらぶ社長に懲役6年判決 東京地裁
  5. 中国人姉妹殺害 40歳被告に死刑求刑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]