メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
大相撲名古屋場所

カド番豪栄道、2秒の速攻で連敗免れる

玉鷲(右)を送り出しで降す豪栄道=ドルフィンズアリーナで2018年7月9日、兵藤公治撮影

 大相撲名古屋場所2日目は9日、初日に黒星を喫したカド番大関の豪栄道が、巧みな相撲で連敗を免れた。2度、玉鷲が突っかけた後の立ち合い。頭で当たりながら素早く左上手を取ると、出し投げを打って背を向かせ、そのまま送り出した。わずか2秒の速攻に「まずまず」と豪栄道。正代相手に見せ場のなかった前日の嫌な雰囲…

この記事は有料記事です。

残り85文字(全文235文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香港のブルース・リー宅取り壊し ファン、保存訴えるもかなわず

  2. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  3. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです