メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

先場所を反省 鶴竜、うまさで白星

琴奨菊(左)を上手投げで降す鶴竜=ドルフィンズアリーナで2018年7月9日、兵藤公治撮影

 大相撲名古屋場所2日目は9日、先場所は注文相撲で降した琴奨菊を、この日はうまさで退け、鶴竜は「とりあえず良かった」と静かに汗をぬぐった。

 1敗で迎えた夏場所10日目。馬力相撲でかつては大関も務めた琴奨菊に対し、鶴竜は立ち合いで変化。観客から不評を浴びて「やってしまった。これなら負けた方が良かった」と嘆いた。

 それだけに今場所は立ち合いに集中した。「相手が当たる前に自分から」と頭で当たって出足を止め、右で上…

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文506文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会 首相推薦1000人 昭恵氏分も 自民関係者のものが4割占める

  2. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. 「警察来ないと思った」 麻薬所持、沢尻容疑者供述

  5. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです