メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『うつわディクショナリー』衣奈彩子・著

日常を営む道具であり、日々の糧を受け止める

◆『うつわディクショナリー』衣奈彩子(えなさいこ)・著(CCCメディアハウス/税別1600円)

 服や音楽にも似て、うつわもやはり世の流れに洗われて、ずっと同じ色や形ではいないものだ。お皿や茶わんに描かれる、あるいは刻まれている植物や鳥などの繊細な絵柄。そして、漂白されたようにまぶしすぎることはない、見上げる雲の色のように個々に少しずつ違いのある白色。多角形の輪郭。そのあたりが、ここ10年ほどのうつわシーンを注視している者としては「今」のうつわだなあと思わされる傾向だ。

 そしてやはり、服と近しいなと思うのは、流行を映しながら、日常を営む上で必要不可欠な道具でもあるとこ…

この記事は有料記事です。

残り621文字(全文928文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. カジノ法成立 ディーラー養成校盛況 専門家「成功せず」
  4. パチンコ店 戦々恐々 「禁煙なら行かない」の声も
  5. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]