メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『うつわディクショナリー』衣奈彩子・著

日常を営む道具であり、日々の糧を受け止める

◆『うつわディクショナリー』衣奈彩子(えなさいこ)・著(CCCメディアハウス/税別1600円)

 服や音楽にも似て、うつわもやはり世の流れに洗われて、ずっと同じ色や形ではいないものだ。お皿や茶わんに描かれる、あるいは刻まれている植物や鳥などの繊細な絵柄。そして、漂白されたようにまぶしすぎることはない、見上げる雲の色のように個々に少しずつ違いのある白色。多角形の輪郭。そのあたりが、ここ10年ほどのうつわシーンを注視している者としては「今」のうつわだなあと思わされる傾向だ。

 そしてやはり、服と近しいなと思うのは、流行を映しながら、日常を営む上で必要不可欠な道具でもあるとこ…

この記事は有料記事です。

残り621文字(全文928文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです