メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

著者インタビュー 湊かなえ 『未来』

初期化してすべてなくすのではなく つらさを抱えても前を向けるように

◆『未来』湊かなえ・著(双葉社/税別1680円)

 「あなたの未来は、希望に満ちた、温かいものである事を伝えたかった」-。『告白』での衝撃のデビューから10年後に刊行された新作『未来』は、こうはじまる。

 父が死に、病弱な母と2人で暮らす10歳の章子に、20年後の自分から手紙が届く。しかし、その後の章子には次々につらい出来事が降りかかる。

「デビューしてからの10年間で、現実が小説を追い抜いてしまったような悲惨な事件が起きています。若い人…

この記事は有料記事です。

残り1203文字(全文1454文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 国語世論調査 「存亡の危機」83%が使用 「新語で苦労」55% 16年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです