メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

著者インタビュー 湊かなえ 『未来』

初期化してすべてなくすのではなく つらさを抱えても前を向けるように

◆『未来』湊かなえ・著(双葉社/税別1680円)

 「あなたの未来は、希望に満ちた、温かいものである事を伝えたかった」-。『告白』での衝撃のデビューから10年後に刊行された新作『未来』は、こうはじまる。

 父が死に、病弱な母と2人で暮らす10歳の章子に、20年後の自分から手紙が届く。しかし、その後の章子には次々につらい出来事が降りかかる。

「デビューしてからの10年間で、現実が小説を追い抜いてしまったような悲惨な事件が起きています。若い人…

この記事は有料記事です。

残り1203文字(全文1454文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  2. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道
  3. ロシアメディア、紀平をたたえる 王位は「驚異の日本人に」
  4. 革新機構、社長ら9取締役辞任へ 高額報酬で経産省と対立
  5. 東名あおり運転事故、連日審理 状況明らかに 10日求刑公判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです