メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

著者インタビュー 湊かなえ 『未来』

初期化してすべてなくすのではなく つらさを抱えても前を向けるように

◆『未来』湊かなえ・著(双葉社/税別1680円)

 「あなたの未来は、希望に満ちた、温かいものである事を伝えたかった」-。『告白』での衝撃のデビューから10年後に刊行された新作『未来』は、こうはじまる。

 父が死に、病弱な母と2人で暮らす10歳の章子に、20年後の自分から手紙が届く。しかし、その後の章子には次々につらい出来事が降りかかる。

「デビューしてからの10年間で、現実が小説を追い抜いてしまったような悲惨な事件が起きています。若い人…

この記事は有料記事です。

残り1203文字(全文1454文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 出所不明の香港の「シラスウナギ」 日本に6トン
  3. 盛岡大付が延長サヨナラ 21世紀枠石岡一、最後に力尽きる
  4. 名古屋・栄地区活性化に 情報発信スポット「S.Core」開設へ 松坂屋
  5. 夫婦別姓訴訟 賠償棄却判決 「現行制度合憲」 東京地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです