メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サワコの朝

93歳の料理家・辰巳芳子が伝え続ける“いのちのスープ”

「サワコの朝」に登場する辰巳芳子さん(右)

 トーク番組「サワコの朝」(MBS/TBS系全国ネット、7月14日午前7時半~8時)のゲストは、料理家の辰巳芳子さん。

 料理研究の草分けだった母・辰巳浜子さんのもとで育った辰巳さんが、料理家の道に進んだのは40歳を過ぎてからのこと。脳血栓で倒れた父のため、口当たりがよく、栄養も豊富にとれるスープに着目したことがきっかけだったそうだ。

 自宅で始めたスープ教室は、22年がたつ今も全国からファンが訪れるほどの人気を博し、サワコも辰巳さんのレシピで料理に親しみ長くスープを作ってきたと話す。スタジオでは辰巳さんとサワコ2人の“しいたけスープ”を飲み比べ!? 素材の力と味わいを引き出したこだわりのスープをいただく。

 20代で結核を患い、15年間の療養生活を送っていた辰巳さんは、その生活の中で、“人が食べるということ”を究極まで突き詰めて考えたという。“食べることで命が刷新されていく”という理念にたどり着いた辰巳さん。忙しい主婦でも美味しく暮らせる生活の知恵を披露。興味津々のその内容とは!?

「記憶の中で今もきらめく1曲」は、「グレゴリオ聖歌」。幼い頃から毎週日曜日に教会で歌ってきたというこの曲にまつわる思い出を振り返る。

 93歳になる現在も精力的に活動を続けている辰巳さん。子どもたちには、食文化の基本である米と大豆を育てる経験を通して生きる力を養って欲しいと考えているそうだ。“良い食材を伝えていくこと”を使命とし“人”と“食”に真摯に向き合い続ける辰巳芳子さんの素顔にサワコが迫る!

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛暑続く 熱中症注意 こうして予防、症状出たらこう対処
  2. リニア中央新幹線 「ブッポウソウ」消えリニア関連工事中断 中川村でJR東海 /長野
  3. 富山の教諭 部活指導で過労死認定
  4. 熱中症 3連休14人死亡 豪雨被災地、搬送多数
  5. 豪雨 結婚指輪渡す約束、果たせず 広島・裏山崩れて

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]