メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

対中関税6031品目 2000億ドル分、大統領最終判断へ

 【ワシントン清水憲司】米通商代表部(USTR)は10日、中国の知的財産権侵害を理由にした制裁措置を巡り、新たに追加関税10%を課す2000億ドル(約22兆円)相当の中国製品6031品目を公表した。8月末に国内手続きを終え、9月にもトランプ米大統領が発動するかを最終判断する。制裁規模の大幅な引き上げで、中国の不公正な貿易慣行の是正で譲歩を迫る狙いがあるとみられる。

 トランプ米政権は米通商法301条に基づき500億ドルの中国製品に25%の追加関税を課す方針で、6日…

この記事は有料記事です。

残り524文字(全文757文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  4. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです