メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

記録的豪雨より飲み会!?=与良正男

 大災害が予想される時、行政にとって最も大切なのは早め早めの対応だ。例えば自治体が出す避難指示も結果的に「必要なかった」に終わる可能性があっても迷わず決断するのが最近では鉄則だ。

 西日本を中心に多数の犠牲者を出した今度の豪雨災害。政府の対応はどうだったろう。

 政府が関係閣僚会議を開き、安倍晋三首相が「先手先手で」と指示したのは7日。非常災害対策本部の設置は8日。ともに遅すぎたのではないかとの批判がある。

 その遅れが被害状況に影響したのかどうかは、無論、今後検証する必要がある。ただし信じられないのは、5…

この記事は有料記事です。

残り686文字(全文939文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 秋の味覚 毒キノコに注意を 大豊作の兆し
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国首脳ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです