シンポジウム

美術鑑賞とスマホ、利用巡り意見交換 東大本郷キャンパス

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 展示室でスマートフォンでの撮影を認める美術館が増えている。スマホの利用は鑑賞体験にどのような影響を与えるのか意見を交わすシンポジウム「スマホで覗(のぞ)く美術館-鑑賞体験のゆくえ-」が14日午後2時半、東京都文京区の東京大学本郷キャンパス国際学術総合研究棟で開催される。

 これまで、展示室での撮影は著作権保護を理由に禁じられてきたが、近年はソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を通じた宣伝周知などを目的に、推進…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文532文字)

あわせて読みたい

ニュース特集