メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
質問・生活なるほドリ

健康編/5 「重粒子線治療」とは、どんな治療法? ピンポイントで病巣攻撃 /群馬

 なるほドリ がん治療の一つとして、「重粒子線治療」が効果的だと聞きました。どんな治療法なんですか。

 大野 重粒子線とは、放射線の中でヘリウムイオンより重い炭素、ネオン、シリコンなどを指します。このうち、治療には炭素イオンを使います。

 炭素イオンを専用の加速器で光の速さの70%程度に加速して体の中のがん細胞に照射し、ダメージを与える治療法なのです。X線は、体の表面辺りで最も多く作用し、体の奥に行くほど効果が減っていきますが、重粒子線は体の奥にあるがん細胞に効果的に作用します。骨肉腫や膵臓(すいぞう)がんなどX線が効きにくいがんに効果的とされています。

この記事は有料記事です。

残り1241文字(全文1519文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  2. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  3. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

  4. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  5. 「衆院選に大きな展望」野党歓迎 大野氏埼玉知事選初当選 統一加速へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです