メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問・生活なるほドリ

健康編/5 「重粒子線治療」とは、どんな治療法? ピンポイントで病巣攻撃 /群馬

 なるほドリ がん治療の一つとして、「重粒子線治療」が効果的だと聞きました。どんな治療法なんですか。

 大野 重粒子線とは、放射線の中でヘリウムイオンより重い炭素、ネオン、シリコンなどを指します。このうち、治療には炭素イオンを使います。

 炭素イオンを専用の加速器で光の速さの70%程度に加速して体の中のがん細胞に照射し、ダメージを与える治療法なのです。X線は、体の表面辺りで最も多く作用し、体の奥に行くほど効果が減っていきますが、重粒子線は体の奥にあるがん細胞に効果的に作用します。骨肉腫や膵臓(すいぞう)がんなどX線が効きにくいがんに効果的とされています。

この記事は有料記事です。

残り1241文字(全文1519文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  2. サッカー日本代表 森保Jウルグアイ撃破 4得点で3連勝
  3. 訃報 仙谷由人さん72歳=元衆院議員、元官房長官
  4. サッカー日本代表 南野、中島、堂安…世代交代で活性化
  5. 特集ワイド 麻生氏続投にブーイング 責任取らない副総理兼財務相 発言に共感性なく デフレ対策でも「失格」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです