メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・母校をたずねる

埼玉県立熊谷高/6 「自主自立」今も糧に 入江悠さん /東京

 ◆映画監督・入江悠さん=1997年度卒

 入江悠さん(38)=1997年度卒=は、埼玉の田舎町で生きる若者の青春を描いた映画「SRサイタマノラッパー」シリーズで知られる気鋭の若手映画監督です。埼玉県立熊谷高校時代は、剣道に打ち込み、厳しい練習の中で「自主自立」の精神を学びました。「熊高に行っていなければ映画監督になっていなかった」と語り、作品にも高校時代の思い出が反映されているそうです。【大平明日香】

 高校時代は剣道に打ち込みました。1年上に、中学で全国優勝したことがある先輩がいて、インターハイ出場を目指していました。先輩についていくのが大変で、練習がきつく、稽古(けいこ)が終わると体が痛くて階段も上がれません。毎日「やめたい」と思っていたし、あれだけ人生でつらいことはないだろうと思います。その先輩が部長となり、僕が2年の時に熊高は初めて、個人・団体戦でインターハイに出場しました。僕は試合には…

この記事は有料記事です。

残り1871文字(全文2273文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

  2. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです