メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県内農畜産物

年間農業産出47億円減 JA試算 TPPとEPA発効で /滋賀

 JA滋賀中央会は、米国を除く11カ国が参加する環太平洋パートナーシップ協定(TPP)と、日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)が同時に発効した場合の、県内農畜産物に及ぼす影響を試算した。2016年の年間農業産出額(636億円)で見ると、畜産・酪農分野を中心に47億円(7・4%)減少する見通しとなるなど、深刻な状況が浮かび上がった。

 TPPとEPAの発効で、肉や野菜など幅広い食品の関税が撤廃・削減されると、国産品の価格も下がり、採…

この記事は有料記事です。

残り436文字(全文657文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  4. 自民党 下村氏憲法審幹事辞退へ 野党「職場放棄」発言で
  5. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです