県内農畜産物

年間農業産出47億円減 JA試算 TPPとEPA発効で /滋賀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 JA滋賀中央会は、米国を除く11カ国が参加する環太平洋パートナーシップ協定(TPP)と、日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)が同時に発効した場合の、県内農畜産物に及ぼす影響を試算した。2016年の年間農業産出額(636億円)で見ると、畜産・酪農分野を中心に47億円(7・4%)減少する見通しとなるなど、深刻な状況が浮かび上がった。

 TPPとEPAの発効で、肉や野菜など幅広い食品の関税が撤廃・削減されると、国産品の価格も下がり、採算が取れなくなって生産量も減少するとみられる。JA滋賀中央会は発効の影響を把握することで、県内農業のあり方や改善を目指そうと試算。農業産出額のうち、発効しても影響が少ない雑穀や花卉(かき)などを除いた品目(総額597億円)を対象にした。

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文657文字)

あわせて読みたい

注目の特集