特集

西日本豪雨

「平成最悪の豪雨被害」をもたらした西日本豪雨。広い範囲で土砂崩れや河川の氾濫が多発し、甚大な被害となった。

特集一覧

西日本豪雨

岡山・倉敷の真備、浸水4.8メートル ツイッター活用、国土地理院推定

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 国土地理院は10日、記録的な豪雨で河川が氾濫した岡山県倉敷市真備町地区の浸水域と、浸水の深さを示した推定図を公表した。一般の人がツイッターに投稿した写真や動画に映り込んだ建築物などから浸水範囲の端を推定し、地理院の標高データと組み合わせて作製した。浸水の深さは推定で最大約4・8メートルだった。

 作製した図は、1級河川の高梁川に注ぐ小…

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文403文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集