特集

西日本豪雨

「平成最悪の豪雨被害」をもたらした西日本豪雨。広い範囲で土砂崩れや河川の氾濫が多発し、甚大な被害となった。

特集一覧

西日本豪雨

死者159人、56人不明 岡山・倉敷の真備、46人犠牲

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
水が引き、地面が見え始めた真備町地区=岡山県倉敷市で10日午前10時14分、本社ヘリから小出洋平撮影
水が引き、地面が見え始めた真備町地区=岡山県倉敷市で10日午前10時14分、本社ヘリから小出洋平撮影

 西日本を襲った記録的な豪雨による犠牲者はさらに増え、毎日新聞の10日午後9時現在のまとめで、死者は13府県で159人に上った。新たに鳥取県で死者1人が確認された。安否不明者も依然として56人おり、被害の全容は見えない状況が続くが、多くの高齢者が河川の氾濫で犠牲になった様子が浮かんできた。

 地区の約3割が水没した岡山県倉敷市真備(まび)町では、警察や自衛隊が水の引き始めた地域を中心に捜索。10日には男女18人の遺体が新たに見つかった。この地区の犠牲者は計46人に達し、県内で亡くなった人の8割超を占めている。

 真備町地区の死者をみると、年齢が判明した35人のうち30人が65歳以上の高齢者だったことが、県への取材で判明。70代の女性は家族と一緒に避難中にはぐれて死亡。90代の男性は自宅1階のベッドで遺体で見つかった。いずれも水死とみられる。身元不明者の中にも、高齢者が複数含まれている可能性がある。

この記事は有料記事です。

残り587文字(全文989文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集