メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドキュメント

男・村田の再出発/3 炊事、洗濯も全力で

試合前練習で若い選手(左)に打撃を指導する村田修一選手=新潟県南魚沼市のベーマガスタジアムで1日

 <document>

 「覚悟はしていた」が、独立リーグでの生活は楽ではない。月給の上限は40万円。プロ野球(NPB)での実績が豊富な、栃木ゴールデンブレーブスの村田修一選手(37)も例外ではなく、昨年の巨人での年俸2億2000万円(推定)とは天と地ほどの差がある。さらに、日本大から2003年にドラフト自由枠で横浜(現DeNA)に入団し、23歳の時に同い年の絵美さんと結婚した村田選手にとって、人生初めての1人暮らしは「苦戦」の連続だ。

 これまで、家事はほとんどやったことがなかった。単身赴任が決まり、キャベツを刻む練習をしたら、危うく…

この記事は有料記事です。

残り822文字(全文1091文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. チェン、世界最高得点で2連覇 羽生は2位 世界フィギュア
  3. 安定感増したチェン、2連覇 羽生演技にも動ぜず 世界フィギュア
  4. 宇野、覚悟のフリーも170点台 不完全燃焼
  5. 「跳ぶ使命感」 勝負師・羽生、思い込めた4分間 世界フィギュア

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです