メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

政府の公文書管理委員会 第三者機関として活用を=青島顕(東京社会部)

公文書管理委員会に臨む委員ら。このうち三宅弘弁護士(左端)と野口貴公美・一橋大教授(中央)が7月に退任した=東京都千代田区で3月26日、青島顕撮影

 財務省が学校法人・森友学園との国有地売却交渉に関わる決裁文書を改ざんし、交渉記録を廃棄していた問題で、政府の対応は、公文書管理の重大な不祥事にもかかわらず同省の内部調査にとどまった。有識者で構成する首相の諮問機関、公文書管理委員会(委員長=宇賀克也・東京大教授)の出番のはずだが、政府は委員会に独自調査を求めることもせず、公文書管理の改善策作りにも積極的に関与させようとしていない。このままでは委員会が「飾り物」になってしまう。

 6月11日、首相官邸の向かいにある中央合同庁舎8号館で第64回公文書管理委員会が開かれた。財務省の…

この記事は有料記事です。

残り1743文字(全文2008文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  2. 高校野球 出場32校決定、初出場は5校 3月19日開幕 第92回選抜高校野球

  3. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  4. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  5. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです