メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第70回毎日書道展

きょう開幕(その1) 文部科学大臣賞/会員賞紹介

 ■現代の書、新しい輝き 伝統の心、今花開く

 「現代の書」を追求する第70回毎日書道展が11日、東京都港区六本木の国立新美術館で開幕する。「現代の書」をテーマに、漢字、かな、近代詩文書、大字書、篆刻(てんこく)、刻字、前衛書の7部門にわたる日本最大の総合書展。公募部門と役員作品を合わせた今年の総出品数は3万2814点。うち会員を対象とする会員賞に32人、公募と会友が対象の毎日賞に211人、秀作賞に493人、佳作賞に986人が選ばれた。最高位の文部科学大臣賞は、鬼頭墨峻さん(77)に決まった。主な受賞作品を紹介する。(カッコ内は評者、敬称略)

この記事は有料記事です。

残り2567文字(全文2840文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 「新潮45」問題を考える 「ヘイトの意味 勘違いしていませんか?」 ジャーナリスト・安田浩一さん
  3. 夫婦別姓訴訟 賠償棄却判決 「現行制度合憲」 東京地裁
  4. 桜田五輪担当相「震災時に東北道動いていた」発言を撤回 参院予算委
  5. 風知草 バイカル湖に寄せて=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです