メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Country・Gentleman

里山支える「馬耕」の復活を=C・W・ニコル

 <カントリージェントルマン>

 私たちは2頭の馬、雪丸と茶々丸を飼いはじめた。森から間伐材を運び出す「馬搬(ばはん)」と、キャンプ道具や食材などの荷物を馬に運んでもらう「マウンテンサファリ」というプロジェクトのためだ。米国とカナダから馬具と鋤(すき)、鍬(くわ)を輸入した。それに、日本製の鋤も手に入れた。明治時代の古いものだが、何の問題もない。かつては里山の農業を支えていた「馬耕(ばこう)」を復活させたいと考えている。2頭にとってもいい訓練になるはずだ。

 南ウェールズの丘陵地で育った少年時代、地元民の間では「畑を耕す最良かつ安全な方法」についての議論が…

この記事は有料記事です。

残り873文字(全文1152文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
  3. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  4. 京都府警 スーパーで店員の女性刺す 男の身柄を確保
  5. 質問なるほドリ 5Gどんな通信? 動画も超高速ダウンロード 自動運転支える=回答・森有正

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです