メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第76期名人戦七番勝負 佐藤天彦名人-挑戦者・羽生善治竜王 第6局の9

初めての「成」 観戦記・椎名龍一

 [後]8七歩と金取りに打たれ、佐藤が9八に金をかわしたのが図の局面。

 序盤研究が進んだ影響からか、ここ数年は1日目の早い段階で戦いが起こり2日目には大勢が決して早い終局を迎える将棋が多かったが、本局は久々に名人戦らしい終盤のたたき合いだ。両対局者の集中力と気迫は当然ながらメーターの針がマックスに振り切れているはずだが、修羅場をくぐり抜けてきた経験豊富な両者は、こんな過酷な状況にもかかわらずポーカーフェースを保ち続けている。

 図から羽生は[後]5四金と目障りな垂れ歩を取ったが、局後に「先に[後]7八歩成を利かすべきでした」…

この記事は有料記事です。

残り385文字(全文665文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都内で「年金返せ」デモ 報告書・麻生氏受け取り拒否など受け
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. ORICON NEWS 堤真一、主演映画の観客の少なさに嘆き 事務所社長から報告「10人だったみたいで…」
  4. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  5. 都内30代男の逮捕状請求へ 強盗殺人未遂容疑などで 現場に土地勘 交番襲撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです