メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニッポンの食卓

第3部 それって健康?/1 「無添加」表記、法的基準なし

消費者庁が措置命令を出した生活協同組合連合会グリーンコープ連合の表示=消費者庁提供

 ●書かれていても…

 スーパーやコンビニで売られている加工食品に「保存料・合成着色料不使用」との表示を見かける。保存料や合成着色料に不安なイメージを持つ消費者が多く、「無添加」という表記が安心感を呼ぶからだ。だが、その意味は本当に理解されているだろうか。

 浜松市の主婦(32)は8カ月の子供を育てている。子供の健康を考え、加工食品を買うときは、できるだけ表示を見るようにしている。こうした消費者は珍しくない。食品添加物メーカーで組織した「日本食品添加物協会」が昨年、全国1600人(15~74歳)を対象に実施したウェブアンケート調査によると、加工食品を購入するときに注意する表示の上位三つは、保存料(19%)、合成着色料(16%)、人工甘味料(12%)。また、50%の人は「無添加」や「保存料不使用」と表示された食品は、表示のない食品に比べて、「安全だと思う」「やや安全だと思う」と答えている。

 しかし、主婦は「無添加」や「保存料不使用」との表示に迷ってしまうという。例えば、「保存料不使用」と記されている加工食品の表示欄。保存料はないが、グリシン、pH調整剤、トレハロース、アンモニウムミョウバン、酸化防止剤(ビタミンE)などと記されている。「不使用、無添加と記されていても、他に何かが使われているかもしれない。表示を見てもどんな物質をどういう目的で使っているか、よく分からない」

この記事は有料記事です。

残り1599文字(全文2190文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

  2. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです