メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニッポンの食卓

第3部 それって健康?/1 「無添加」表記、法的基準なし

消費者庁が措置命令を出した生活協同組合連合会グリーンコープ連合の表示=消費者庁提供

 ●書かれていても…

 スーパーやコンビニで売られている加工食品に「保存料・合成着色料不使用」との表示を見かける。保存料や合成着色料に不安なイメージを持つ消費者が多く、「無添加」という表記が安心感を呼ぶからだ。だが、その意味は本当に理解されているだろうか。

 浜松市の主婦(32)は8カ月の子供を育てている。子供の健康を考え、加工食品を買うときは、できるだけ表示を見るようにしている。こうした消費者は珍しくない。食品添加物メーカーで組織した「日本食品添加物協会」が昨年、全国1600人(15~74歳)を対象に実施したウェブアンケート調査によると、加工食品を購入するときに注意する表示の上位三つは、保存料(19%)、合成着色料(16%)、人工甘味料(12%)。また、50%の人は「無添加」や「保存料不使用」と表示された食品は、表示のない食品に比べて、「安全だと思う」「やや安全だと思う」と答えている。

 しかし、主婦は「無添加」や「保存料不使用」との表示に迷ってしまうという。例えば、「保存料不使用」と…

この記事は有料記事です。

残り1743文字(全文2190文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 女性遺体、窒息死か 殺人容疑で捜査 ホテルの部屋、男が出入り 東京・池袋

  5. 池袋のホテルで女性?の変死体 遺棄事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです