メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニッポンの食卓

第3部 それって健康?/1 「無添加」表記、法的基準なし

消費者庁が措置命令を出した生活協同組合連合会グリーンコープ連合の表示=消費者庁提供

 ●書かれていても…

 スーパーやコンビニで売られている加工食品に「保存料・合成着色料不使用」との表示を見かける。保存料や合成着色料に不安なイメージを持つ消費者が多く、「無添加」という表記が安心感を呼ぶからだ。だが、その意味は本当に理解されているだろうか。

 浜松市の主婦(32)は8カ月の子供を育てている。子供の健康を考え、加工食品を買うときは、できるだけ表示を見るようにしている。こうした消費者は珍しくない。食品添加物メーカーで組織した「日本食品添加物協会」が昨年、全国1600人(15~74歳)を対象に実施したウェブアンケート調査によると、加工食品を購入するときに注意する表示の上位三つは、保存料(19%)、合成着色料(16%)、人工甘味料(12%)。また、50%の人は「無添加」や「保存料不使用」と表示された食品は、表示のない食品に比べて、「安全だと思う」「やや安全だと思う」と答えている。

 しかし、主婦は「無添加」や「保存料不使用」との表示に迷ってしまうという。例えば、「保存料不使用」と記されている加工食品の表示欄。保存料はないが、グリシン、pH調整剤、トレハロース、アンモニウムミョウバン、酸化防止剤(ビタミンE)などと記されている。「不使用、無添加と記されていても、他に何かが使われているかもしれない。表示を見てもどんな物質をどういう目的で使っているか、よく分からない」

この記事は有料記事です。

残り1599文字(全文2190文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都内で新たに500人の感染確認 重症者は3人減の59人

  2. 香港の周庭氏に禁錮10月、初の実刑 黄氏は13月半 昨年警察包囲デモ

  3. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

  4. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  5. セガサミーがホンダを逆転 小野田、根岸が連続アーチ 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです