メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東証、一時1000円超安 新型コロナ感染拡大懸念
西日本豪雨

中小企業再開まで時間 自動車、造船部品供給に影響 岡山・広島

広島・岡山2県の中小企業

 西日本を襲った豪雨は岡山、広島両県の中小企業の操業にも大きな影響を与えている。大手の自動車会社や造船会社に部品を供給している企業も多く、操業再開が遅れると影響が広がる懸念もある。

 農機具や建設機械の油圧装置の部品を製造する「高橋機械部品製作所」(岡山市)は、工場が7日の大雨で浸水した。これまでに水は引いたが、機械類がきちんと作動するか点検が済んでおらず、操業再開ができないという。高橋弘専務は「機械類は電気の専門家による点検が必要だが、中国地方の被災規模が大きく、点検の人員が足りない。操業再開にもう少しかかりそう」と話す。

 同社が入居するのは岡山市内の工業団地、岡山鉄工センターだ。三菱重工などの大手企業向けの部品を製造する約30社が集積する。7日の午前中には建物の多くが浸水し、操業停止に追い込まれた工場が相次いだ。同センターの担当者は「浸水した機械が実際にこれまで通り使えるか分からず、操業再開に時間がかかる企業もある」と話す。

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文761文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  3. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  4. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  5. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです