メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシアW杯

準決勝 クロアチアvsイングランド

 

    【クロアチア-イングランド】後半、ゴールを決めて喜ぶクロアチアのペリシッチ=ロシア・モスクワのルジニキ競技場で2018年7月11日、長谷川直亮撮影

    クロアチア、史上初の決勝へ

    <120分間の死闘!>写真特集はこちら

     サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は11日(日本時間12日3時)、モスクワで準決勝第2試合のクロアチア対イングランド戦が行われ、クロアチアが2-1でイングランドを降し決勝に進出した。

     前半5分、イングランドがトリッピアーの直接フリーキックで先制し、前半はリードを守った。しかし後半23分、右サイドからのクロスをクロアチアのペリシッチが左足で合わせて振り出しに戻した。その後、90分では決着せず延長戦に突入。一進一退の攻防が続く中、延長後半4分、クロアチアがマンジュキッチのボレーシュートを決め、逆転を果たした。

     クロアチア(国際サッカー連盟=FIFA=ランキング20位)は、3位だった1998年フランス大会を上回り、史上初の決勝進出となった。決勝戦はベルギーに勝利したフランスと15日(同16日0時)に対戦する。66年イングランド大会以来52年ぶりの優勝を狙ったイングランド(同12位)は、奮闘するも準決勝で力尽き、14日(同午後11時)の3位決定戦に回った。


    【試合終了】

    延長後半15分+4

    【イングランド】敵陣中央、やや左からのFK。ラッシュフォードがふわりとした浮き球のボールを蹴り込んだが、味方には通らない

    延長後半15分

    アディショナルタイムは4分

    延長後半14分

    【クロアチア】モドリッチ→バデリ

    延長後半12分

    【イングランド】敵陣左からのFK。ラッシュフォードが蹴ったボールは味方に合わず流れてしまう

    延長後半11分

    【イングランド】トリッピアーが足を痛めたのかピッチ外へ。交代枠を使い切っているため、1人少ない状況に

    延長後半10分

    【クロアチア】マンジュキッチ→チョルルカ

    延長後半7分

    【イングランド】ウォーカー→バーディー

    延長後半4分【クロアチアGOOOOOOAL】

    【クロアチア】クリアのこぼれ球をペリシッチが頭でゴール前へ送る。反応したマンジュキッチがDFラインの前に出て左足シュート!ゴール右に決まり、クロアチアが逆転

    【クロアチア-イングランド】延長後半、クロアチアのマンジュキッチ(右)がゴールを決める=ロシア・モスクワのルジニキ競技場で2018年7月11日、長谷川直亮撮影

    延長後半2分

    【クロアチア】左からのCK。ラキティッチはクロスは選択せずニアサイドに転がす。ブロゾビッチが走り込んでペナルティーエリア左からシュートを放つも枠はとらえられない

    【延長後半開始】


    【延長前半終了】

    延長前半15分+2

    【クロアチア】左サイドからペリシッチがDFとGKの間を狙ったグラウンダーのアーリークロス。ゴール前、マンジュキッチが飛び込んだがGKピックフォードの右足に当たり惜しくもゴールならず

    延長前半15分

    アディショナルタイムは2分

    延長前半13分

    【イングランド】左サイドからローズが鋭いクロスを供給するもDFにはね返される

    延長前半11分

    【クロアチア】レビッチ→クラマリッチ

    延長前半9分

    【イングランド】右からのCK。フリーのストーンズが高い打点のヘディングシュートをみせたが、ゴール左に立っていたブルサリコに頭でクリアされる

    延長前半7分

    【イングランド】ヘンダーソン→ダイアー

    延長前半6分

    【クロアチア】ローズを倒したレビッチにイエローカード

    延長前半5分

    【クロアチア】ストリニッチ→ピバリッチ

    延長前半3分

    【イングランド】ペナルティーエリア手前中央でアリにボールが渡る。右にパスを出したが味方には合わず

    【延長前半開始】

    【イングランド】ヤング→ローズ


    【後半終了】

    90分で決着つかず、1-1で延長戦へ

    後半45分+2

    【イングランド】敵陣右サイドからのFK。トリッピアーの蹴ったボールにケーンが頭で合わせたがうまくミートできない

    後半45分

    【クロアチア】ロブレンがペナルティーエリア手前からミドルシュート。これは大きくクロスバーの上へ。アディショナルタイムは3分

    後半41分

    【クロアチア】ハーフウエーライン付近の左からストリニッチがドリブルで持ち込むと右サイドへ送る。しかし、味方との呼吸が合わずチャンス創出とはいかない

    後半38分

    【クロアチア】ブロゾビッチが浮き球の縦パス。ペナルティーエリア右でマンジュキッチが胸トラップから強烈なシュート!惜しくもGKピックフォードの正面

    後半35分

    【クロアチア】ペリシッチがイングランドのバックパスを狙ってプレス!わずかに間に合わず、GKピックフォードに大きく蹴られてしまう

    【クロアチア-イングランド】後半、シュートを放つクロアチアのペリシッチ=ロシア・モスクワのルジニキ競技場で2018年7月11日、長谷川直亮撮影

    後半33分

    【イングランド】ペナルティーエリア手前中央からヘンダーソンがシュートを放つ。これは枠をとらえられない

    後半31分

    【イングランド】ケーンが前線にスルーパス。ラッシュフォードが走り込んだがオフサイドに

    後半29分

    【イングランド】左サイドからラッシュフォードが右足でふわりとしたクロス。しかし、味方には合わず

    後半29分

    【イングランド】スターリング→ラッシュフォード

    後半27分

    【クロアチア】ペリシッチがペナルティーエリア左で縦に仕掛ける。DFを振り切り左足シュートを放ったが右ポストに直撃。こぼれ球が中央にいたマンジュキッチの前に転がってきたがシュートはGKピックフォードの正面。得点には至らない

    後半23分【クロアチアGOOOOOOAL】

    【クロアチア】右サイドからブルサリコがアーリークロスを供給。ペリシッチがファーサイドから中へ入りつつ左足アウトサイドで合わせクロアチアが同点に追いつく

    【クロアチア-イングランド】後半、ゴールを決めて喜ぶクロアチアのペリシッチ。奥はイングランドのGKピックフォード=ロシア・モスクワのルジニキ競技場で2018年7月11日、長谷川直亮撮影

    後半20分

    【クロアチア】ペナルティーアーク付近からペリシッチがシュート!ウォーカーの体を張ったブロックに阻まれネットは揺らせない

    後半18分

    【イングランド】ヘンダーソンのスルーパスを受けたスターリングが抜け出す。ペナルティーエリア右からクロスを送ったが、バランスを崩していたせいか力はなくGKスバシッチに阻まれてしまう

    後半16分

    【クロアチア】右クロスがクリアされこぼれたところ、ラキティッチが直接狙う!左足を思い切り振り抜いたが、これは大きくクロスバーの上へ

    後半12分

    【イングランド】後方から浮き球のパスを右サイドのトリッピアーがダイレクトで中央へ。ケーンがDFと競り合いつつ頭から飛び込んだがわずかに合わない

    後半11分

    【イングランド】味方が落としたところペナルティーエリア手前からリンガードがシュート!しかし、ブロックされて枠外へ

    【クロアチア-イングランド】後半、競り合うイングランドのケーン(左)とクロアチアのモドリッチ=ロシア・モスクワのルジニキ競技場で2018年7月11日、長谷川直亮撮影

    後半9分

    【イングランド】ウォーカーにイエローカード

    後半8分

    【イングランド】ケーンが左サイド高い位置でボールを持つ。DF2人の間を突破をしようとしたが倒される。主審のホイッスルはならない

    後半5分

    【クロアチア】ロングボールにレビッチが走り込んだがDFの対応に遭いそのままゴールラインを割る

    後半3分

    【クロアチア】マンジュキッチにイエローカード

    【後半開始】

    両チーム選手交代なし


    【前半終了】

    前半45分+1

    【クロアチア】敵陣左サイドからのFK。モドリッチの蹴ったボールはクリアされゴールには結び付かず

    前半45分

    アディショナルタイムは1分

    前半43分

    【クロアチア】ブルサリコがやや遠目の位置からミドルを狙う。しかし、ボールは大きくクロスバーの上へ

    前半39分

    【クロアチア】イングランドの最終ラインが5枚並ぶ中、かまわずブルサリコが右サイドからクロスを供給。これは味方に通らず、体勢整うDFにはね返される。

    前半36分

    【イングランド】アリがペナルティーエリア左付近に持ち込むと中央のスペースへ。受けたリンガードが右足インサイドでゴール右隅を狙ったが枠をとらえられない

    前半31分

    【クロアチア】ペナルティーエリア手前からレビッチが左足でシュートを放つ。これはGKピックフォードの正面

    前半30分

    【イングランド】ゴール前でケーンにスルーパスが通りGKスバシッチと一対一。ケーンのシュートはGKスバシッチの好セーブに阻まれたが、もう一度狙う。これもネットは揺らせなかったが、ここで副審がフラッグを上げる。パスを受けたケーンの位置がオフサイドだった

    【クロアチア-イングランド】前半、ドリブルで攻め込むイングランドのスターリング(右)=ロシア・モスクワのルジニキ競技場で2018年7月11日、長谷川直亮撮影

    前半27分

    【イングランド】敵陣左サイドからのFK。ゴール前へのボールはGKスバシッチのパンチングではね返される

    前半25分

    【クロアチア】レビッチが右サイドでボールを拾うと素早く前線にボールを送る。中央で待つマンジュキッチには通らず、相手ボールに

    前半21分

    【クロアチア】右サイドからレビッチがまたぎフェイントをみせつつ中央に持ち込みペナルティーアーク付近で左足を振り抜く!しかし、相手のブロックに阻まれる

    前半19分

    【クロアチア】ペナルティーエリア手前左からペリシッチが右足でミドルを放つ。グラウンダーのシュートはわずかにゴール左に外れる

    前半17分

    【イングランド】ヘンダーソンが敵陣右サイドからゴール前にふわりとしたボールを送る。これはやや精度を欠き、GKスバシッチに直接キャッチされてしまう

    前半14分

    【イングランド】右からのCK。ファーサイドでまたもマグワイアが競り勝ちヘディング!しかし、枠をとらえられない

    前半12分

    【イングランド】左からのCK。ヤングの蹴ったボールにマグワイアが頭で合わせたが、ゴール前の接触でファウルの判定。クロアチアボールに

    前半9分

    【クロアチア】右からのCK。モドリッチのクロスは味方に合わない

    前半7分

    【イングランド】ピックフォードがボールをキャッチすると素早く前線へロングフィード。スターリングが走り込んだがビダの対応に遭う

    前半5分【イングランドGOOOOOOAL】

    【イングランド】アリがペナルティーエリア手前中央でモドリッチに倒されFKを獲得。トリッピアーが右足で直接狙うとゴール右上に決まりイングランドが先制

    【クロアチア-イングランド】前半、イングランドのトリッピアーが先制のFKを決める=ロシア・モスクワのルジニキ競技場で2018年7月11日、長谷川直亮撮影

    前半2分

    【クロアチア】ペリシッチが左サイド高い位置で突破を試みるも守備陣に囲まれボールを失う

    【試合開始】

    イングランドのボールでキックオフ

    【選手入場】

    ルジニキスタジアムのピッチに両国の選手たちが入場


    クロアチア代表のMFモドリッチ(左)とイングランド代表のFWケーン=AP

      サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は11日(日本時間12日3時)、モスクワで準決勝第2試合が始まる。初の決勝進出を目指すクロアチア(国際サッカー連盟=FIFA=ランキング20位)と、優勝した1966年以来52年ぶりの決勝を狙うイングランド(12位)が対戦する。

     両チームの先発メンバーが発表され、クロアチアは司令塔のモドリッチとラキティッチが、イングランドは6得点で得点王争いを独走するケーンとアリが名を連ねた。

     クロアチアの技と、イングランドの速さと激しさの戦い。柔と剛のどちらが上回るか。クロアチアにはモドリッチやペリシッチら、相手の読みを外せるくせ者がそろう。イングランドは力攻めには強いが、揺さぶりに耐えられないと主導権を渡してしまう。しっかりと圧力をかけて、得意のセットプレーで勝機をつかみたい。

    クロアチアの先発メンバー

    GK スバシッチ▽DF ブルサリコ、ロブレン、ビダ、ストリニッチ▽MF ラキティッチ、モドリッチ、ブロゾビッチ、レビッチ▽FW ペリシッチ、マンジュキッチ

    イングランドの先発メンバー

    GK ピックフォード▽DF ウォーカー、ストーンズ、マグワイア▽MF ヘンダーソン、トリッピアー、リンガード、アリ、ヤング▽FW ケーン、スターリング


    <引き継がれるか?>栄冠を巡るジンクス・法則

    <8強の夢わずか届かず>逆襲サムライブルー 激闘の軌跡

    <王様、皇帝、将軍…>“異名”いくつ覚えてる?

    <16強導き評価上昇>西野監督に中国熱視線

    毎日新聞のアカウント
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]