メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

罹災証明書ってどんなもの?

被害を受けた住宅を調べる職員=滋賀県米原市朝日で、成松秋穂撮影

公的支援金受け取りに必要

 なるほドリ 滋賀県米原市で6月29日に発生した竜巻と見られる突風による被害を伝える記事で、市が「罹災(りさい)証明書」の申請を受け付けていると読んだよ。どんな証明書なのかな?

 記者 地震や風水害などによる建物の被害を市町村長が証明する書類で、被災者が公的な支援金を受け取ったり、税金や社会保険料の負担を減らしてもらったりするのに必要になります。災害の規模により、実際にどのような支援を受けられるかは異なります。

この記事は有料記事です。

残り926文字(全文1144文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  2. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  3. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  4. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  5. 名古屋 車庫に男性遺体 パチンコ台メーカー社長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです