メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥羽

見習い海女が独り立ち 東京出身の地域おこし協力隊

海女として独り立ちする大野愛子さん=三重県鳥羽市の石鏡漁港で2018年7月9日、林一茂撮影

 三重県鳥羽市石鏡町で海女修業に励んできた地域おこし協力隊の大野愛子さん(39)が、今月末の任期満了後、「石鏡の海女」として独り立ちすることになった。今春、鳥羽磯部漁協石鏡支所の正組合員の資格を取得しており、「大好きな海女漁が続けられる」と喜ぶ。写真家でもあり、仲間の海女や地元住民への感謝の気持ちを込め、同支所で写真展「石鏡の海女」を開いている。【林一茂】

 東京都北区出身。大学卒業後、専門学校で写真撮影の技術を学び、写真家に。海女の姿や神事、石鏡の風景な…

この記事は有料記事です。

残り619文字(全文848文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  3. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
  5. 懲戒処分 職務中に性行為、不倫の警官 県警 /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです