メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

厚労省研究班調査

医療機関の3分の2が身元保証人求める

入院時の身元保証人を巡る医療機関の対応

 医療機関の3分の2が入院患者に対して身元保証人を用意するよう求めていることが、厚生労働省研究班のアンケートで判明した。そのうち1割弱が身元保証人のいない患者の入院拒否という違法の可能性がある対応を取っていた。

 医師法は正当な理由なく診察を拒むことを禁じている。厚労省は「正当な理由」は医師の不在や病気に限られるため、身元保証人の不在が理由の入院拒否は医師法に抵触するとして、都道府県に医療機関を指導するよう4月に通知した。

 調査は山縣然太朗(ぜんたろう)・山梨大教授(公衆衛生学)が代表を務める研究班が昨年9~10月に実施…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文541文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 訃報 国友やすゆきさん65歳=漫画家、「100億の男」
  3. 事故 青森の車4台衝突 搬送8人のうち3人死亡確認
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです