メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

「犬を助けたい…」68歳女性、土砂崩れ犠牲

老犬の保護施設があった場所。手前の林道が崩落し、その奥にあった施設も跡形もなく流れてしまった=長澤由起子さん提供

福岡・筑紫野 毎日通っていた老犬の保護施設近くで

 福岡県筑紫野市の山中で土砂崩れに巻き込まれた山崎ツギ枝さん(68)=同県宇美町=は、毎日通っていた老犬の保護施設近くで犠牲となった。施設を運営する長澤由起子さん(67)は、被災の瞬間など生々しい状況を山崎さんからメールで受信。そのメールからは命を懸けて老犬を救おうとした山崎さんの最期が浮かび上がった。

 山崎さんは十数年にわたってボランティアで老犬の介護をしていた。6日もいつも通りに山中の保護施設で犬の世話をしていると、雨脚が強くなった。長澤さんに最初のメールが入ったのは、6日午後2時41分。「地盤が崩れました」だった。

葬儀会場に姿を見せた山崎ツギ枝さんの愛犬クロ=長澤由起子さん撮影

 驚いた長澤さんは119番して救助を要請。しかし、午後3時15分のメールでは「犬をここから助け出す方法がありません。私も土砂崩れに巻き込まれ。恐ろしいです」と状況の悪化を知らせてきた。同31分に「どうかして犬を助けたい」とのメールが届いたのを最後に連絡が途切れてしまった。

 山崎さんはその後、駆けつけた消防隊員と避難している最中に土砂崩れに巻き込まれ、7日午前に筑紫野市内の水路で見つかった。長澤さんが9日に現場に入ると、当時、保護施設にいた3匹の犬の姿はなく、施設も土砂で流されていた。「雨や雪の日も休まず、病気や障害のある老犬たちに愛情を注いでいた。責任感の強い人だった」と長澤さんは山崎さんをそう振り返る。

 10日にあった葬儀の会場には、山崎さんが施設から自宅に連れ帰って飼っていた愛犬クロの姿もあった。「クロちゃんがさみしそうな顔をしていた。最後まで自分だけ逃げようとせずに犬を守ろうとしてくれた。天国でも3匹のお世話をしているかもしれない」。長澤さんは目頭を押さえた。【末永麻裕】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
  2. 西日本豪雨 誘導警官2人犠牲に 遺族「誇りに思う」
  3. 西日本豪雨 「見捨てたりしない」命救う無名のボート
  4. 融資金詐取 てるみくらぶ社長に懲役6年判決 東京地裁
  5. 中国人姉妹殺害 40歳被告に死刑求刑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]