メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

母の願い「息子に会いたい」 広島・土砂崩れ

土砂崩れにより、自宅近くで行方不明になっている植木将太朗さんの母富士子さん。知人やボランティア、自衛隊などの力も借りて、息子を捜し続けている=広島市安芸区矢野東で2018年7月11日午前7時43分

 豪雨による大規模な土砂崩れに見舞われた広島市安芸区矢野東7の梅河(うめごう)団地。山の斜面に隣接する自宅で被災した高校3年の植木将太朗さん(18)は今も安否不明で、母の富士子さん(45)らが懸命に捜索を続けている。

 激しい雨が降り続く6日夜、富士子さんは外出先から将太朗さんに電話で「早く逃げて」と避難を促した。家の前に出た将太朗さんの「やばいやばい」という声を最後に電話は切れたという。

 富士子さんは捜索のために、友人に頼んでボランティアを募り、11日には高校生ら100人以上が集まった。「将太朗は活発で元気」という富士子さん。「早く見つけてあげたい」。集まったみんなの願いだ。【手塚耕一郎】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. JAL 自ら選んだ男性CAの道「男女に関係なく志望を」
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  4. 祇園祭 後祭の宵山始まる 24日の花傘巡行は猛暑で中止
  5. 知事発言録 15~21日 /千葉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]