特集

西日本豪雨

「平成最悪の豪雨被害」をもたらした西日本豪雨。広い範囲で土砂崩れや河川の氾濫が多発し、甚大な被害となった。

特集一覧

西日本豪雨

水槽のメダカ生きていた 泥水に負けず 倉敷

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

真備の高齢者住宅、2階まで泥水がおしよせて…

 西日本を襲った記録的な豪雨で、大きな被害が出ている岡山県倉敷市真備地区では、被害を受けた高齢者住宅で、入居者から愛されていた水槽のメダカが生き残り、職員や入居者を喜ばせている。

 サービス付き高齢者住宅「あんど箭田(やた)」では2階まで泥水がおしよせた。当時室内にいた24人の入居者全員を、職員3人と家族4人が力を合わせ屋根に避難させ、みな無事だった。

 しかし、2階のコミュニティースペースに置かれていた水槽にいたメダカは、泥水にのみ込まれただろうと考えられていた。

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文527文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集