メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

作家

栗本薫さんの未発表作発見 「中島梓」名義の私小説

栗本薫さん=共同

 2009年に56歳で亡くなった作家の栗本薫さんが江戸川乱歩賞を受賞する直前の1970年代後半、中島梓の筆名で執筆しながら未発表となっていた小説の原稿が見つかった。小学館が11日、明らかにした。13日に同社が配信する「栗本薫・中島梓 傑作電子全集」第9巻に収録される。

 壮大な大河ファンタジー「グイン・サーガ」で知られる栗本さんには珍しい、純文学志向の内省的な私小説で、重度の障害があった弟を巡る苦悩、駆け出しの頃の焦燥感や葛藤がうかがえる。

 小学館によると、「ラザロの旅」と題された原稿は中島名義で評論活動を始めたばかりの78年4~5月に執…

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文654文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日」中傷 横行を考える 是枝監督「今日性浮き彫り」
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら
  4. 東京五輪 夏のTOKYO 暑すぎて選手も観客もヤバイ!
  5. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]