メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

作家

栗本薫さんの未発表作発見 「中島梓」名義の私小説

栗本薫さん=共同

 2009年に56歳で亡くなった作家の栗本薫さんが江戸川乱歩賞を受賞する直前の1970年代後半、中島梓の筆名で執筆しながら未発表となっていた小説の原稿が見つかった。小学館が11日、明らかにした。13日に同社が配信する「栗本薫・中島梓 傑作電子全集」第9巻に収録される。

 壮大な大河ファンタジー「グイン・サーガ」で知られる栗本さんには珍しい、純文学志向の内省的な私小説で、重度の障害があった弟を巡る苦悩、駆け出しの頃の焦燥感や葛藤がうかがえる。

 小学館によると、「ラザロの旅」と題された原稿は中島名義で評論活動を始めたばかりの78年4~5月に執筆された。文芸評論家である25歳の「私」が物書きの道に進んだ自分自身の選択を見つめ、「書かなくては生きていけないようになっていた」と独白する。

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文654文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  5. 池江選手「生きていることが奇跡」 白血病公表後初のメディア 報ステ出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです