メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシアW杯

フランスの19歳エムバペ、存在感を発揮

【フランス-ベルギー】前半、ドリブルで攻め込むフランスのエムバペ(中央)=ロシア・サンクトペテルブルクで2018年7月10日、長谷川直亮撮影

○フランス1-0ベルギー●(19日・準決勝)

     フランスの19歳エムバペは見せ場もあって会場を沸かせながら、評判を落としかねないプレー態度も。試合開始早々から持ち味の快足を生かしてドリブルで切り込むシーンや、ゴール前で落ち着いてヒールパスをジルーに通して好機を作るなど存在感を発揮した。

     一方で試合終盤、相手スローインのボールを故意に渡さず遅延行為でイエローカードを受け、接触プレーでは時間稼ぎで大げさに痛がって転がる姿も。大きなブーイングを受けたが、動じなかった。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです