参院選挙改革

自民の定数6増案、11日に参院採決へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 自民党は10日、同党などが提出した参院定数を「6増」する公職選挙法改正案について、11日の参院政治倫理・選挙制度特別委員会(倫選特)と、参院本会議での採決に踏み切る方針を固めた。参院の選挙制度は参院が先議するため、可決後は衆院に送付される。会期末までに確実に成立させるための方針だが、野党の猛反発は必至だ。

 自民党は当初、10日の倫選特で自民党案を採決する構えだった。しかし、自民党の議事運営に反発した日本維新の会が、倫選特の石井浩郎委員長の問責決議案を提出。与野党が参院議院運営委員会の理事会で扱いを協議したが結論が出ず、11日の理事会で再協議する。1時間強審議する予定だった倫選特は審議せずに散会し、採決も持ち越された。

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文562文字)

あわせて読みたい