メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

春闘

大手企業賃上げ2.53% 20年ぶり高水準

 経団連は10日、2018年春闘の最終集計を発表した。大手企業の定期昇給と、基本給を底上げするベースアップ(ベア)を合わせた賃上げ率は前年比0.19ポイント上昇の2.53%。引き上げ額は同784円増の8539円だった。賃上げ率の上昇は2年連続で、引き上げ率は1998年(2.62%)以来、20年ぶりの高水準。引き上げ額も97年(8846円)以来、21年ぶりの大きさとなった。

 デフレ脱却を目指す安倍晋三政権は、今春闘で経済界に対して3%の賃上げを要請。ベアや定昇にボーナスな…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文551文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 国語世論調査 「存亡の危機」83%が使用 「新語で苦労」55% 16年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです