メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タイ洞窟

13人全員が生還 最後の5人救出

洞窟の入り口付近の様子=2018年7月10日、AP

 【チェンライ(タイ北部)西脇真一】タイ北部チェンライの洞窟に最後まで取り残されていた少年ら5人が10日、無事救出された。地元サッカーチームの11~16歳の少年12人とコーチ(25)が洞窟に入って18日目。世界が注目した救出劇は、全員の生還によって終わった。一方、タイ政府の保健当局者は同日、記者会見し、9日までに救出された8人の体調について「発熱はなく良好だ」と明らかにした。

 「きょう我々は任務を達成した」。洞窟から約1.5キロ離れた屋外の「プレスセンター」で10日夜、救助責任者のナロンサク・オソタナコーン氏が切り出すと、ボランティアや世界中から集まった記者が歓声を上げた。ナロンサク氏は今回の件について、自然災害から身を守る「全ての人の教訓となるだろう」と話した。

 また、海外から駆けつけたダイバーと共に救出にあたった海軍特殊部隊はフェイスブックに「これが奇跡なのか、科学の力なのか、何かは分からないが、全員が洞窟を出た」と投稿して喜んだ。

 センターにいた南部クラビ県の山岳ガイド、スティー・ソンマートさん(45)は「地表から洞窟に通じる穴を探そうと仲間14人と来た。救助に関わったさまざまな人の団結が、この成果を生んだ」とうれしそうに話した。

 一方、チェンライの病院で会見した保健当局者は、先に救出された8人について「長時間プールに入っていた状態だ」と説明。当初は低体温だったり脈拍数が少なかったりする少年がいた。また、一部は初期の肺炎の症状を見せていた。

 ただ「心配するような状態ではない」とし、院内で普通に生活していると明かした。検査結果を待つため1週間程度の入院は必要だという。病院で待機していた家族とは、ガラス越しに対面した。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カジノ法案 19日にも採決 借金限度額など決めないまま
  2. 東京・目黒の5歳虐待死 SOS届かず 「パパいらん」「パパがたたいた」訴えたが きょう起訴判断
  3. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  4. 消えない傷 性的虐待に遭って 第3章/1 風呂は恐怖の時間
  5. 第100回全国高校野球 地方大会 西東京 14日

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]