メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メキシコ

安全へ命賭す 市長候補死亡、妻が遺志継ぐ

ホセ・レメディオス・アギーレさんが銃撃され殺された現場の公園=メキシコ中部アパセオエルアルトで2018年7月6日、山本太一撮影
市長選に立候補して殺害されたアギーレさん(左)と大統領選で勝利したロペスオブラドール氏=フェイスブックより
メキシコの殺人事件数の推移
アパセオエルアルト

 【アパセオエルアルト(メキシコ中部)で山本太一】過去最悪ペースで殺人事件が発生しているメキシコで、治安改善を訴える政治関係者らが麻薬組織に相次いで暗殺されている。今月1日の大統領選と同時に実施された地方選では、「子供が安心して暮らせる社会を」と主張した男性市長候補が殺された。男性に代わり立候補して当選した妻は、夫の遺志を引き継ぎ犯罪撲滅を目指す。

     首都メキシコ市から車で約4時間の中部グアナフアト州アパセオエルアルト市は、人口約7万人の小さな町だ。警備会社社長、ホセ・レメディオス・アギーレさん(35)は左派政党「国家再生運動(Morena)」から市長選に立候補した。

     同州は治安が比較的良く、自動車メーカーなど多くの日本企業も進出している。しかし、2017年の州内の殺人事件は1096件で前年より14%増加、過去最悪になった。

     田舎町のアパセオエルアルトでも今年1月、警戒中の警察官が射殺されるなど治安悪化は著しい。アギーレさんは「平和と安全」を公約に掲げていた。ところが、5月11日、市中心部の公園で選挙集会を終えた直後、複数の犯人に背後から銃撃され、死亡した。

     「深夜に電話が鳴り現場に行ったけれど、彼はもう動かなかった」。妻カルメン・オルティスさん(32)が声を詰まらせながら振り返った。

     Morenaから立候補し大統領選に勝利したロペスオブラドール氏は5月、アギーレさん暗殺について「メキシコに平和と平穏をもたらすよう急がなければならない。このような暴力を繰り返してはならない」と訴えた。

     専業主婦だったオルティスさんは、代理立候補を党幹部から求められた。だが夫の突然の死に悲嘆に暮れ、戸惑った。子供は4~11歳の3人。「母であると同時にこれからは父でなければならない」と子育てに不安も感じた。

     それでも、子供たちに安全を提供するという「夫の夢」をかなえようと出馬を決意した。「有権者に夢を語る夫の姿を間近に見てきた自分だからこそやるべきだ」と思った。

     メキシコでは17年9月~今年6月30日、アギーレさんを含む地方選候補ら政治関係者145人が殺された。麻薬組織は地方の政治家らに対する影響力を強めようとする。麻薬組織が求める資金提供や利益誘導を拒んだ候補、関係を絶とうとした政治家が殺害されるケースが多いという。

     捜査当局と犯罪組織の癒着も深刻だ。西部ミチョアカン州オカンポで6月に議員候補が殺害された事件では、関与が疑われる犯罪組織とつながっていたとして、地元の検察幹部と全警察官27人が逮捕された。

     麻薬組織の標的になるのを恐れ、全国で1000人以上が立候補を断念したとされるが、オルティスさんは出馬に「恐怖心はなかった」と語る。大統領選に加え上下両院議員選、知事選などで圧勝したMorenaの勢いに乗り、オルティスさんも当選した。夫から受け継いだ公約「地元に拠点を持つ警察の創設」を目指し、10月に市長に就任する。

    殺人、年3万件ペース

     メキシコでは2006年12月、カルデロン政権が発足直後に「麻薬戦争」を開始した。麻薬組織の拠点に数万人規模の軍・連邦警察を派遣、地元警察に代わって取り締まりに乗り出した。しかし、麻薬戦争を引き金に、分裂した麻薬組織同士による抗争が激化、さらなる治安の悪化を招いた。

     メキシコ内務省によると、麻薬戦争が始まってから約20万人が殺害された。17年の殺人事件数は2万5339件で、麻薬戦争開始当時の2倍以上に上った。比較可能な1997年以降の統計では最悪だ。今年1~3月は約8000件で前年同期より2割増加しており、年末までに3万件を超える恐れがある。

     今月1日の大統領選では、左派政党「国家再生運動(Morena)」の元メキシコ市長、ロペスオブラドール氏(64)が治安改善や汚職撲滅などを掲げて当選した。

     次期政権は6日、治安改善対策として、恩赦法案を提案する方針を示した。貧困や犯罪組織の強制を理由に、麻薬の運び屋や用心棒になった未成年者や女性、違法薬物を栽培した農民らを恩赦の対象とし、犯罪から抜け出させることが狙いだ。殺人や誘拐など暴力的な犯罪は、恩赦の対象にはならない見通しという。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
    2. 西日本豪雨 誘導警官2人犠牲に 遺族「誇りに思う」
    3. 西日本豪雨 「見捨てたりしない」命救う無名のボート
    4. 融資金詐取 てるみくらぶ社長に懲役6年判決 東京地裁
    5. 中国人姉妹殺害 40歳被告に死刑求刑

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]